2012年09月15日

小島さんのケ小平インタビュー

「我々の、この世代の人間は知恵が足りません。この問題は話がまとまりません。次の世代は、きっと我々よりは賢くなるでしょう。そのときは必ずや、お互いに皆が受け入れられる良い方法を見つけることができるでしょう。」
                                    ケ小平
*******************************************************

第1回より7年にわたって、『リーダーシップ論』の講師を務められた小島氏ですが、我々も毎回楽しみにしていたのが、“お約束”のケネディ就任演説のお話とケ小平への歴史的インタビューのお話です。
今後聞く機会もなくなりますが、ここでケ小平インタビューのお話をご紹介したいと思います。
このお話は、講義の中で時間の関係上割愛されてしまう事が多く、過去の受講生でも知らない人も多いと思います。
知っている方は思い出していただき、知らない方には是非ともお教えしたいお話です。

日本と中国が国交回復を決定したのが1972年(今年は国交正常化40周年です)。
既に尖閣諸島周辺で地下資源が発見され、中国が尖閣諸島の領有権を主張し始めます。
時に1978年10月、ケ小平は日中平和友好条約の批准書交換のため中国首脳として初めて来日します。
天皇陛下との会談等のスケジュールをこなしたあと、記者会見に臨みます。

この記者会見は、当時の日本記者クラブにて行われ、中国首脳が初めて西側スタイルの記者会見に臨むという事で注目を浴びました。
事前の打ち合わせ事項として、質問は代表質問のみ。
質問者は、当時日本記者クラブ副理事長であった小島氏が選ばれました。

国民の関心は尖閣問題にありましたが、外務省のA次官からは「尖閣問題には触れないでほしい」という要請が小島氏にありました。
また、小島氏を補佐する5人の記者仲間からも、政府の意向を尊重すべきとの意見があったそうです。

しかし、海外のプレスも参加しており、当然尖閣問題についても関心を持っているなかで、この問題に触れずに済ましていいものかと疑問に思った小島氏。
それは新聞記者としても恥だと考えた小島氏は、補佐役には「すべて自分が責任を取る」と言って、堂々と質問をしました。
「尖閣列島の帰属について我々は、日本固有の領土である、信じて疑わない、という立場にあるわけですが、トラブルが中国との間に生じて大変遺憾に思っているわけです。この点、副総理(=ケ小平、当時)はどう考え、この問題についてどうお考えになるか。」

そして引き出したのが冒頭の棚上論として有名な答え。
これですべてが解決したわけではありませんが、小島さんは新聞記者としての意地を通します。
似たようなシチュエーションは日常でもありがちです。
わざわざ波風を立てずに無難にやり過ごすというのは、確かに賢い選択ではあると思いますが、その時どう行動するか。
状況にもよるでしょうが、その時に思い出してみたいエピソードです。

後日、質問を禁じた外務省A次官からは、「よくぞ聞いていただきました」と小島さんにお礼のお電話があったそうです。
また、会見をテレビでみていた全国の人からも同様にお電話があったそうです。
「あれがなかったら今の自分はなかった」と小島さんは今も述懐しています。

このお話は、小島さんの語るお話の中で私が最も好きなお話です。
そんな風に思える仕事をしてみたいものですね。


posted by 世話役 平出 at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

第1回講座『リーダーシップ論』

昨日第1回講座『リーダーシップ論』が行われました。
講師は元日経新聞の小島さん。
第1期からずっとこの『リーダーシップ論』をご担当されていましたが、いよいよ今回をもってご勇退となります。
小島さんによる最後の『リーダーシップ論』となりました。

参加者は第7期生11名と、今回から設けた補講制度を利用して第4期生が1名との合計12名でした。
講座は前半の講義と後半のディスカッションと例年と同じ形式。
これは第2期から不変の形式です。

小島さんによる講義は、下記のテーマで行われました。
1 危機の時代−求められる強いリーダー
2 危機の時代にリーダーは鍛えられる
3 リーダーの資質
古今東西の指導者を取り上げての解説でしたが、特に小島さんが印象深いチャーチル、ケネディ、ニクソンの3人に比重を置かれていました。
例によって直接取材されたケネディについては、ちからの籠ったお話でした。

残念ながら今回は、“お約束”のケネディの就任演説のお話とケ小平の歴史的インタビューのお話は出ませんでした。
ケ小平のお話は、変わりの後日ここで御披露させていただきたいと思います。
当初の予定をオーバーしての講義。
小島先生、7年にわたって大変ありがとうございました。

時間の関係でディスカッションの時間が短くなってしまいましたが、「自分が身につけたいリーダーシップ」についてのグループディスカッションもうまくまとめていただきました。
受講生のみなさまお疲れ様でした。

次回は『国債貢献』です。


*********************************************************

例年小島先生から受講者に本がプレゼントされていますが、今回プレゼントしていただいた本は下記の本でした。

部下はなぜ、あなたをそんなに嫌うのか? 部下の失敗は、上司の誉れ




    
posted by 世話役 平出 at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

第7期開講〜プレ講座〜

昨日、いよいよ寺子屋第七期が開講いたしました。
今回は、これまでの「小山台卒業生ルート」、「関係者口コミルート」に加えて、新たに「八潮高校卒業生ルート」、「大崎高校卒業生ルート」で3名の受講生をお迎え致しました。
当財団は、公益法人移行に伴って「品川区にある公立高校」を事業対象に加えたため、両校の卒業生に案内を送付させていただいた結果ですが、こうして実際に応募していただけたのは、誠にありがたい限りです。

初回のプレ講座は塾長による開講挨拶に始り、世話役・受講生の自己紹介が続き、そしてメインはシナジースペース鰍フ鈴木博社長による講座「自分が源泉というあり方」でした。
今回を含め過去7回共通の開講講座ですが、「自分が源泉というあり方」は、これから半年間にわたる寺子屋講座の基本的考え方ともなるもので、まさに不動の開講講座と言えます。
受講生の皆さまには、せっかくの機会を楽しんでいただきたいと思います。

講座が終わったあとは懇親会。
初回ともあって、全員に参加していただきました。
シナジースペース鰍フ鈴木社長を囲みながら、最初は緊張感に満ちていた受講生の皆さんも、最後は打ち解けた様子でした。

懇親会のあとは、三々五々。
「今日も二日酔い」が口癖の世話役代表を筆頭に、二次会参加グループとその他に別れました。
まずは、無事終了。
次回の第1回講座は9/8.
これもお馴染みの元日経新聞の小島先生によるリーダーシップ論です。
また、“お約束”のお話を伺うのを楽しみにしたいと思います。

鈴木社長の著書:
『自分が源泉―ビジネスリーダーの生き方が変わる』
      

posted by 世話役 平出 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

第7期開講

寺子屋小山台第7期が開講いたします。

日時:平成24年8月25日(土)
@ 講座テーマ:【受講生に期待すること】
  講師:福川 伸次氏 
     (財)機械産業記念事業財団会長/元通商産業事務次官/元電通総研研究所長
     著書:『緊急提言 日本人の復興力』 徳間書店

A 講座テーマ:【自分が源泉というあり方】
  講師:鈴木 博 氏
      シナジースペース(株)代表取締役
      日本を代表するヒューマングロース研修の第一人者
  ★ ご興味のある方は鈴木博氏の著書をご一読下さい



事前準備
@ 3分間スピーチにて自己紹介をしていただきます。今後半年間にわたり、切磋琢磨する寺子屋の仲間たちに対する自己アピールとなるよう、ご準備願います。
A 名刺交換をされる方は各自ご用意願います。

    
posted by 世話役 平出 at 17:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

小島さんが心酔したケネディ

  
音声が出ますので、職場の方はご注意願います。

激戦となったニクソン候補とのテレビ討論

http://www.youtube.com/watch?v=C6Xn4ipHiwE

小嶋さんの魂を振るわせた就任演説
(1961年1月20日)

http://www.youtube.com/watch?v=VAASNl_kiC8
http://www.youtube.com/watch?v=6KJshrKmwG4&feature=fvwrel


東ドイツの中で孤立の危機にあった西ベルリンでのこれも有名なスピーチ。
(1963年6月26日)

http://www.youtube.com/watch?v=hH6nQhss4Yc


核戦争の一歩手前までいったキューバ危機
テレビで国民に発表するケネディ大統領

http://www.youtube.com/watch?v=W50RNAbmy3M    
posted by 世話役 平出 at 10:20| Comment(0) | 講座関連資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

寺子屋第6期開校

寺子屋第6期 開校いたします。

プレ講座
平成23年8月27日(土) 午後1時30分

【受講生に期待すること】
塾長 福川 伸次氏
(財)機械産業記念事業財団会長/元通商産業事務次官/元電通総研研究所長
著書:緊急提言 日本人の復興力


【自分が源泉というあり方】
鈴木 博 氏
シナジースペース(株)代表取締役
日本を代表するヒューマングロース研修の第一人者
著書:自分が源泉―ビジネスリーダーの生き方が変わる

     

posted by 世話役 平出 at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

寺子屋小山台福川塾長が産経新聞に取り上げられました



福川氏.jpg

 20年もの長きにわたり成長が止まっている日本経済は、3月11日の東日本大震災でさらに窮地に追い込まれた。悪いことに、政治混乱が低迷に拍車をかけ、復興のスピードは鈍い。しかし、今回の厄災を日本再生のきっかけにするという考え方もある。そのためにはどのような課題があるのか。基本的な考え方はどうあるべきか。戦後日本の高度成長を主導した旧通商産業省で事務次官を務めた福川伸次氏が、東北復興をバネに推進すべき「日本の改新」への道筋を提言する。

                   ◇

 ■TPP契機に第1次産業再構築

 □ピンチをチャンスに

 ◆「日本病」の根治は

 《1990年代以後、日本が徐々に活力を失い、魅力を低下させている。「日本病」ともいうべき病理現象に冒されている。この現象には「5つの病状」が折り重なっている。第1は危機感のまひ。公的債務残高が先進国最悪なのに、財政改革が進まない。第2は政策対応能力の低下。第3は企業の経営革新力の低下だ。さらに、第4は社会の連帯性の低下であり、第5は人々の価値観の硬直化だ。各国の日本への関心度は薄れ、その地位は低下するばかりだった》

 かつては「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と称賛された日本。だが、守りに入り、多くの問題を先送りし続けた結果、震災直前に世界第2位の経済大国の座を中国に譲り渡した。

 その病身の日本を戦後最悪の震災が襲った。まさに最悪のタイミングといえるが、震災を契機に、良くも悪くも再び日本への注目が高まっている。

 《東日本大震災は、日本の危機管理と経済安全保障政策に対して警告を与えた。これを大手術する契機と考えなければ、多くの犠牲者に顔向けができない。対応を誤れば「日本病」は確実に悪化する。

 政治・行政・民間・学界の情報と英知を総結集して「全体最適」の仕組みを構築し「復旧」ではなく「復興」を軌道に乗せる。第1に危機管理体制を再構築し、第2にエネルギー政策を再編成する。そして、第3に復旧を越えて「日本の改新」に取り組むことだ》

     
続きを読む
posted by 世話役 平出 at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

朱健栄先生の講座

朱健栄先生の課題図書です。
内容はちょっと難しめですし、読むのに時間かかると思います。
早目に入手されて、読み始められる事をお勧めいたします。

朱先生の講義の背骨となる話が満載されていますので、頑張って読んで下さい。


胡錦濤 日本戦略の本音 ナショナリズムの苦悩 [単行本] / 朱 建栄 (著); 角川学芸出版 (刊)

余裕のある方は、朱先生の最新刊も読んでみて下さい。

中国で尊敬される日本人たち 「井戸を掘った人」のことは忘れない
 
posted by 世話役 平出 at 23:57| Comment(0) | 課題図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

大澤さん課題図書

各自最終回(平成23年2月26日)までに一冊読んでおいて下さい。

@ 
国家の崩壊―新リベラル帝国主義と世界秩序

国家の崩壊―新リベラル帝国主義と世界秩序

  • 作者: ロバート クーパー
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本



 
A 
国家学のすすめ (ちくま新書)

国家学のすすめ (ちくま新書)

  • 作者: 坂本 多加雄
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 新書



 
B
人口負荷社会(日経プレミアシリーズ)

人口負荷社会(日経プレミアシリーズ)

  • 作者: 小峰 隆夫
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2010/06/09
  • メディア: 新書



 
C
市場対国家―世界を作り変える歴史的攻防〈上〉 (日経ビジネス人文庫)

市場対国家―世界を作り変える歴史的攻防〈上〉 (日経ビジネス人文庫)

  • 作者: ダニエル ヤーギン
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 文庫




市場対国家―世界を作り変える歴史的攻防〈下〉 (日経ビジネス人文庫)

市場対国家―世界を作り変える歴史的攻防〈下〉 (日経ビジネス人文庫)

  • 作者: ダニエル ヤーギン
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 文庫



 
D
日本型資本主義と市場主義の衝突―日・独対アングロサクソン

日本型資本主義と市場主義の衝突―日・独対アングロサクソン

  • 作者: ロナルド ドーア
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 単行本





E
日本の新たな「第三の道」

日本の新たな「第三の道」

  • 作者: アンソニー・ギデンズ
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/11/28
  • メディア: 単行本





F
自然資本の経済―「成長の限界」を突破する新産業革命

自然資本の経済―「成長の限界」を突破する新産業革命

  • 作者: ポール ホーケン
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2001/10
  • メディア: 単行本





G
腹八分の資本主義 日本の未来はここにある! (新潮新書)

腹八分の資本主義 日本の未来はここにある! (新潮新書)

  • 作者: 篠原 匡
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/08/12
  • メディア: 新書





H
おまんのモノサシ持ちや!

おまんのモノサシ持ちや!

  • 作者: 篠原 匡
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2010/06/26
  • メディア: 単行本





I
裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

  • 作者: 山口 絵理子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/09/22
  • メディア: 単行本





J
もっといい会社、もっといい人生―新しい資本主義社会のかたち

もっといい会社、もっといい人生―新しい資本主義社会のかたち

  • 作者: チャールズ ハンディ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 1998/11
  • メディア: 単行本





K
Hungry Spirit

Hungry Spirit

  • 作者: Charles B. Handy
  • 出版社/メーカー: Hutchinson
  • 発売日: 1997/09
  • メディア: ハードカバー






posted by 世話役 平出 at 11:04| Comment(0) | 課題図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

世話役推薦本

以前読んだ本をご紹介いたします。
元ヒューレット・パッカード(HP)CEOのカーリー・フィオリーナの自伝です。
最近州知事選に立候補するとかで話題になっていますね。

これがなかなか面白かったのです。
カーリー・フイオリーナといえば鉄の女マーガレット・サッチャーのビジネス版というイメージだったが、かなりイメージが変わりました。
(サッチャーの自伝も読んだがこちらはやっぱり固かったです)

女である事のハンディを覆してHPのCEOになるくらいだから才能は豊かなのでしょうが、参考になったのは一言で言えば「情熱とコミュニケーション力」です。
夢中になって読んでしまいました。

特にリーダーシップについては参考になる事が多かったです。
自伝として読んでも面白いし、ビジネス書(特にリーダーシップ)として読んでも示唆に富んでいます。
自己研鑽にはお勧めです。

またそれが高じていろいろと探しているうちにスタンフォード大学で行った講演記録も見つけてしまいました。
便利な事にiTunesでただで手に入ります。
英語だから半分くらいしかわかりませんでしたが、英語の勉強としてもいい教材だと思います。

→ 30.Leadership and Coice
(講演40分+質問30分)

ここでは「今の仕事に全力投球しなさい、次の仕事の事は考えない」という言葉が印象的でした。
あちこちで言われている事だが、やっぱり一流の人が言うから真実なのでしょう。
その他にもリーダーシップに対する話は心に留めておきたいと思うものが多いです。
仕事に対するいいモチベーションアップにもなりました。

興味のある方はいかがでしょうか?

  

私はこうして受付からCEOになった

私はこうして受付からCEOになった

  • 作者: カーリー・フィオリーナ
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2007/11/30
  • メディア: 単行本



posted by 世話役 平出 at 23:01| Comment(0) | 世話役推薦図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。