2010年09月17日

世話役推薦本

以前読んだ本をご紹介いたします。
元ヒューレット・パッカード(HP)CEOのカーリー・フィオリーナの自伝です。
最近州知事選に立候補するとかで話題になっていますね。

これがなかなか面白かったのです。
カーリー・フイオリーナといえば鉄の女マーガレット・サッチャーのビジネス版というイメージだったが、かなりイメージが変わりました。
(サッチャーの自伝も読んだがこちらはやっぱり固かったです)

女である事のハンディを覆してHPのCEOになるくらいだから才能は豊かなのでしょうが、参考になったのは一言で言えば「情熱とコミュニケーション力」です。
夢中になって読んでしまいました。

特にリーダーシップについては参考になる事が多かったです。
自伝として読んでも面白いし、ビジネス書(特にリーダーシップ)として読んでも示唆に富んでいます。
自己研鑽にはお勧めです。

またそれが高じていろいろと探しているうちにスタンフォード大学で行った講演記録も見つけてしまいました。
便利な事にiTunesでただで手に入ります。
英語だから半分くらいしかわかりませんでしたが、英語の勉強としてもいい教材だと思います。

→ 30.Leadership and Coice
(講演40分+質問30分)

ここでは「今の仕事に全力投球しなさい、次の仕事の事は考えない」という言葉が印象的でした。
あちこちで言われている事だが、やっぱり一流の人が言うから真実なのでしょう。
その他にもリーダーシップに対する話は心に留めておきたいと思うものが多いです。
仕事に対するいいモチベーションアップにもなりました。

興味のある方はいかがでしょうか?

  

私はこうして受付からCEOになった

私はこうして受付からCEOになった

  • 作者: カーリー・フィオリーナ
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2007/11/30
  • メディア: 単行本



posted by 世話役 平出 at 23:01| Comment(0) | 世話役推薦図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。