2011年06月14日

寺子屋小山台福川塾長が産経新聞に取り上げられました



福川氏.jpg

 20年もの長きにわたり成長が止まっている日本経済は、3月11日の東日本大震災でさらに窮地に追い込まれた。悪いことに、政治混乱が低迷に拍車をかけ、復興のスピードは鈍い。しかし、今回の厄災を日本再生のきっかけにするという考え方もある。そのためにはどのような課題があるのか。基本的な考え方はどうあるべきか。戦後日本の高度成長を主導した旧通商産業省で事務次官を務めた福川伸次氏が、東北復興をバネに推進すべき「日本の改新」への道筋を提言する。

                   ◇

 ■TPP契機に第1次産業再構築

 □ピンチをチャンスに

 ◆「日本病」の根治は

 《1990年代以後、日本が徐々に活力を失い、魅力を低下させている。「日本病」ともいうべき病理現象に冒されている。この現象には「5つの病状」が折り重なっている。第1は危機感のまひ。公的債務残高が先進国最悪なのに、財政改革が進まない。第2は政策対応能力の低下。第3は企業の経営革新力の低下だ。さらに、第4は社会の連帯性の低下であり、第5は人々の価値観の硬直化だ。各国の日本への関心度は薄れ、その地位は低下するばかりだった》

 かつては「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と称賛された日本。だが、守りに入り、多くの問題を先送りし続けた結果、震災直前に世界第2位の経済大国の座を中国に譲り渡した。

 その病身の日本を戦後最悪の震災が襲った。まさに最悪のタイミングといえるが、震災を契機に、良くも悪くも再び日本への注目が高まっている。

 《東日本大震災は、日本の危機管理と経済安全保障政策に対して警告を与えた。これを大手術する契機と考えなければ、多くの犠牲者に顔向けができない。対応を誤れば「日本病」は確実に悪化する。

 政治・行政・民間・学界の情報と英知を総結集して「全体最適」の仕組みを構築し「復旧」ではなく「復興」を軌道に乗せる。第1に危機管理体制を再構築し、第2にエネルギー政策を再編成する。そして、第3に復旧を越えて「日本の改新」に取り組むことだ》

     
続きを読む
posted by 世話役 平出 at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。