2010年09月17日

世話役推薦本

以前読んだ本をご紹介いたします。
元ヒューレット・パッカード(HP)CEOのカーリー・フィオリーナの自伝です。
最近州知事選に立候補するとかで話題になっていますね。

これがなかなか面白かったのです。
カーリー・フイオリーナといえば鉄の女マーガレット・サッチャーのビジネス版というイメージだったが、かなりイメージが変わりました。
(サッチャーの自伝も読んだがこちらはやっぱり固かったです)

女である事のハンディを覆してHPのCEOになるくらいだから才能は豊かなのでしょうが、参考になったのは一言で言えば「情熱とコミュニケーション力」です。
夢中になって読んでしまいました。

特にリーダーシップについては参考になる事が多かったです。
自伝として読んでも面白いし、ビジネス書(特にリーダーシップ)として読んでも示唆に富んでいます。
自己研鑽にはお勧めです。

またそれが高じていろいろと探しているうちにスタンフォード大学で行った講演記録も見つけてしまいました。
便利な事にiTunesでただで手に入ります。
英語だから半分くらいしかわかりませんでしたが、英語の勉強としてもいい教材だと思います。

→ 30.Leadership and Coice
(講演40分+質問30分)

ここでは「今の仕事に全力投球しなさい、次の仕事の事は考えない」という言葉が印象的でした。
あちこちで言われている事だが、やっぱり一流の人が言うから真実なのでしょう。
その他にもリーダーシップに対する話は心に留めておきたいと思うものが多いです。
仕事に対するいいモチベーションアップにもなりました。

興味のある方はいかがでしょうか?

  

私はこうして受付からCEOになった

私はこうして受付からCEOになった

  • 作者: カーリー・フィオリーナ
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2007/11/30
  • メディア: 単行本



posted by 世話役 平出 at 23:01| Comment(0) | 世話役推薦図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

小島さん推薦図書

   
第1章  リーダー・シップ
第2章  リーダー・シップと力
第3章  タイプとスキル
第4章  状況を把握する知性
第5章  よいリーダーと悪いりリーダー

講座の中で小島先生がご紹介されていた本です。
昨年の第4期に課題図書となりました。

内容はその名の通り「リーダー」に関する本です。
リーダーおよびリーダーシップについて、ちょっと真面目に読んでみたい方には良いと思います。
基本的な事がきちんと整理されていて、理解が進むと思います。

ちなみに、内容はとっても堅いです。



リーダー・パワー

リーダー・パワー

  • 作者: ジョセフ S ナイ
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2008/12/17
  • メディア: 単行本



posted by 世話役 平出 at 22:50| Comment(0) | 寺子屋推薦図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

第一回講座課題図書のご案内

   
このたび中国大使に任命された伊藤忠商事会長の丹羽宇一郎氏の著書。
講師の小島章伸氏よりみなさまに「読んでおいてほしい」とご指定の一冊です。
9/11の講座までに各自読んでおいて下さい。


負けてたまるか! 若者のための仕事論 (朝日新書)

負けてたまるか! 若者のための仕事論 (朝日新書)

  • 作者: 丹羽 宇一郎
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/04/13
  • メディア: 新書



posted by 世話役 平出 at 22:47| Comment(0) | 課題図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。